HOME > 薄毛の原因 > 薄毛と睡眠

薄毛と睡眠

睡眠不足は美容や健康に良くないと言いますが、薄毛の原因にもなります。寝ている時には成長ホルモンが多く分泌されますが、成長ホルモンは髪の成長を促したり、細胞の傷を修復したりします。睡眠不足が続いていると、髪の成長が促されず頭皮のダメージも回復しません。髪の主成分であるたんぱく質は、成長ホルモンの影響を受けやすいので、薄毛治療を行うなら睡眠も十分取ることです。


髪に良い睡眠の取り方

髪の成長に欠かせない成長ホルモンは、睡眠中に多く分泌されています。日中でも分泌されていますが、特に午後10時から午前2時までが多く分泌される時間だと言われています。睡眠時間が大切というより、この時間帯に睡眠を取ることが重要です。薄毛の治療を真剣に行いたいと思うなら、夜は早めに寝るようにして朝型に変えると良いでしょう。朝のほうが仕事の効率が良いとも言われていて、一石二鳥です。

このページのトップに戻る