HOME > 薄毛の原因 > 薄毛と禁煙

薄毛と禁煙

喫煙習慣は様々な健康被害をもたらす事は良く知られています。喫煙はそれだけでなく、薄毛ももたらす原因となりますから、薄毛治療を考えている人は禁煙を実行しましょう。薄毛の原因となるストレスを解消するものとして、タバコを利用される方も多いのですが、できれば禁煙を実行してストレスは他の方法で解消するようにしてください。喫煙のリスクの方がはるかに大きいと言えます。


薄毛と禁煙の関係性の理由

タバコが薄毛の原因となるのは、タバコに含まれているニコチンが血流を抑制する働きがあるからです。ニコチンは血管を収縮させてしまい、全身の血流を阻害させます。頭皮の血流も悪くなり、頭皮に栄養が届けられずに抜け毛が増えたり、薄毛になったりします。育毛治療では血行を良くする成分が配合されているものもあるのですが、タバコを吸っていたのでは効果が半減してしまいます。

このページのトップに戻る