HOME > 薄毛の原因 > 男性ホルモンによる薄毛

男性ホルモンによる薄毛

薄毛の原因として、男性ホルモンの影響があります。20歳以上の男性は誰でも男性ホルモンの影響で薄毛になる可能性がありますし、女性の場合では閉経後に男性ホルモンの影響を受けることがあります。しかし、薄毛になる人も居れば、ならない人も居ます。遺伝の要素や生活習慣なども関係していますが、男性ホルモンが影響し薄毛の原因となるDHTが多い人程、薄毛になりやすい特徴があります。


男性ホルモンによる薄毛の抑制成分

男性ホルモンによる薄毛の原因となるのが、DHTです。DHTとは男性ホルモンのテストステロンが5α-リダクターセという酵素の働きでDHTに変換されてしまいます。5α-リダクターセを抑制することができれば、DHTに変換される事は無く、男性ホルモンが多くても薄毛に結びつく事を減らすことができます。医薬品のフィナステリド、育毛剤の成分ではノコギリヤシなどが抑制効果があると言われています。

このページのトップに戻る