HOME > 薄毛の原因 > 薄毛とストレス

薄毛とストレス

現代人に薄毛が増えてしまっているのは、ストレスが原因で薄毛が起こっているからなのかも知れません。現代はストレス社会とも言われており、ストレスが様々な症状を引き起こしていると考えられています。ストレスは色々な病気の元ともなるのですが、活性酵素を多く作り出し、体にダメージを与える原因となります。また、自律神経の働きが乱れて血行が悪くなったり、睡眠不足を引き起こす、内蔵機能の低下などもストレスによる薄毛の原因です。


薄毛とストレスと自律神経

ストレスと薄毛の関係性は色々な理由があるのですが、一番の理由は血行が悪くなる事ではないでしょうか。食べたものの栄養は血液を介して全身に届けられますが、血行が悪ければ頭皮に栄養が届けられません。髪を育てる毛母細胞が休止してしまったり、細胞が死んでしまう事も考えられます。血行を悪くしている原因は、ストレスによって自律神経の働きが乱れ、血流が悪くなって頭皮に影響が届けられない事です。

このページのトップに戻る