HOME > 薄毛の種類 > びまん性型脱毛症

びまん性型脱毛症とは

びまん性型脱毛症とは、髪全体が薄くなってしまう薄毛のタイプです。びまんとは、一面に広がるという意味を持ち、女性の薄毛に良く見られるタイプです。髪全体のボリュームが無くなったり、髪の分け目などで薄毛が目立ってしまいます。男性型脱毛症の原因と同様で、男性ホルモンの一種であるDHTの影響を受けています。女性でも男性ホルモンは存在していますし、閉経によって女性ホルモンの分泌が減ると男性ホルモンの影響を受けやすくなります。


びまん性型脱毛症は若い女性にも

びまん性型脱毛症は最近では若い女性にも見られる事があります。男性ホルモンの影響だけでなく、生活習慣やストレスなどの影響を受けていると考えられています。パーマやカラーリング・過度の洗髪など頭皮を痛める行為が原因となっている事もあります。また、出産によりホルモンバランスを乱した時、過度なダイエットを繰り返している人、ホルモン治療などの影響も考えられます。

このページのトップに戻る