HOME > 薄毛の種類 > FAGA(女子男性型脱毛症)

FAGAとは

女性でも薄毛となってしまう事があります。女子男性型脱毛症はFAGAと呼ばれています。男性型脱毛症の女性版で、同じように男性ホルモンの影響を受けて薄毛になってしまいます。女性も男性ホルモンは少量ですが存在していますし、閉経に伴い女性ホルモンの分泌量が減ると男性ホルモンの影響を受けることがあります。男性と女性は症状が異なっていますが、治療方法は同等になります。


FAGAの原因

FAGAは女性に見れる薄毛のタイプで、男性とは異なり薄毛のタイプが異なります。男性は頭頂部や前頭部が薄毛になるのに対し、女性は毛髪全体が薄くなる特徴があります。髪全体にボリュームが無くなったり、髪の分け目に薄毛が目立つ事が多くなっています。男性と同様DHTによる影響です。閉経に伴い女性ホルモンの量が減ると、男性ホルモンの影響を受けやすく、DHTの濃度が高く薄毛となってしまいます。

このページのトップに戻る