HOME > 薄毛の種類 > AGA(男性型脱毛症)

男性型脱毛症の原因

男性型脱毛症の原因は明らかにされています。遺伝などの原因もありますが、AGAに共通して見られるのが、DHTが高濃度に見られる事です。DHTは男性ホルモンの一種で、ヘアサイクルを短くしてしまい、抜け毛を増加させる原因となります。髪が長期的に留まる事が無く、短期間で抜けてしまうため抜け毛が増加する事が確認できます。


男性型脱毛症はあきらめなくても大丈夫

男性型脱毛症は20歳以上の男性に見られるもので、進行はとてもゆっくりです。しかし、AGAは進行する事が分かっていますから、抜け毛が多くなったと感じられたり、薄毛が気になったら早めに治療を行う事です。AGAの髪は髪がしっかりと成長する前に抜け毛となってしまいますが、毛包が存在している限りは太くできる可能性があります。毛根が死んだわけではないので、早めに治療を行う事で正常なヘアサイクルに戻す事ができます。

このページのトップに戻る