HOME > AGAについて > 薄毛とAGA

薄毛とAGAの関係性

AGAの原因は遺伝や男性ホルモンの影響だと考えられています。AGAの薄毛のタイプは、頭頂部や前頭部が薄くなるタイプで、20歳以上の男性が徐々に薄毛が進行してしまうものです。毛髪を作り出す毛包が成長しにくくなり、徐々に抜け毛が増加したり、毛が細くなってきます。進行はゆっくりですが、年々進行してしまうため、早めに治療を行うと有効だと言われています。


どれくらいの薄毛でAGAなのか

AGAは男性ホルモンの影響で抜け毛が増えてしましますが、普段でも1日100本くらいの抜け毛は起きているので、明らかに普段より抜け毛が多いと感じた場合にはAGAを疑ってみて下さい。AGAはどんどん進行してしまうもので、早めに治療を行うと有効だと言われています。治療が遅れると回復に時間がかかったり、発毛が見られないケースもあります。AGAでは通常よりヘアサイクルが短くなり、抜け毛が増えてしまいます。

このページのトップに戻る